いちっきーロゴマーク

市来とも子Official WEB / Ichiki Tomoko2015

FONT SIZE:

ともに生きる。いちともブログ

  1. home
  2. ともに生きる。いちともブログ
  3. 9.27 元スイス大使 村田光平さん講演会

9.27 元スイス大使 村田光平さん講演会

 

福島第一原発事故は、歴史的・世界的に最大級の原発事故となり、
福島をはじめとする人々のいのちと生活に重大な被害を及ぼしました。

このような事態を招いたのは、原発の危険を訴える市民の声を黙殺し、
安全対策をおざなりにしたいわゆる「原子力ムラ」といわれる「政・官・
財・学・報」の癒着と無責任体質にあります。

その「原子力ムラ」にメスを入れることなく、大飯原発を再稼働し、着々
と次の原発を動かすための準備をしている野田政権。脱原発の道とは程遠
い道をまた歩みだそうとしている今、外務官僚でありながら、現役時代か
ら原発推進の「国策」に反対をし続け、原発の危険性を世界に訴えてきた、
元駐スイス大使の村田光平さんに「反骨の外交官が語る脱原発の道」

と題してお話しを伺います。


■元駐スイス大使 村田光平さん講演会■

 「反骨の外交官が語る脱原発の道」

■日時 : 9月27日(木)18:15開会
         (17:45開場)

■会場 : 産業商工会館3階講堂

■資料代: 500円


村田光平写真.jpg

■村田光平さんプロフィール:

1938年東京生まれ。1961年東京大学法学部卒業後、二年間外務省研修生
としてフランスに留学。その後、分析課長、中近東第一課長、宮内庁御
用掛、在アルジェリア公使、在仏公使、国連局審議官、公正取引委員会
官房審議官、在セネガル大使、衆議院渉外部長などを歴任。
1996年から1999年まで在スイス大使を務める。著書に、『新しい文明の
提唱-未来の世代へ捧げる-』(文芸社刊)、『原子力と日本病』(朝
日新聞社刊)、共著に『歴史の危機の入り口に立つ日本』(ごま書房刊)、
「現代文明を問う」〈中国語と日本語の冊子〉がある。


■主催:脱原発・杉並集会実行委員会

■連絡先:斉藤090-8518-7171

 

TOP