PROFILE

市来伴子(いちきともこ)のプロフィール

1977年 8月2日生まれ。スポーツ大好きで小中学校はバレーボール部、高校は陸上部キャプテン。
1996年 関西学院大学入学。バンドサークルに所属。
1997年 アジア、特にインドで目の当たりにした貧困に衝撃を受け、世界の貧困問題をテーマにするNGOで活動を開始。
2000年 大学を休学し世界20カ国を訪れる。
2003年 関西学院大学大学院修了。政治を志し衆議院議員秘書を務める。
2011年 杉並区議会議員(2期)
2019年 山梨選挙区から国政を目指し野党統一候補として立候補。150,327票を獲得するも惜しくも次点。
2020年 石川大我参議院議員公設秘書。国会議員政策担当秘書の資格取得。
好きなこと 動物(特に白猫)
ぶどう、桃(フルーツ全般)
星を眺めること
身体を鍛えること(ジム歴5年)
赤身肉(ジムの後は格別)
SNS

皆様へ ~ ご挨拶 ~


いちき伴子です

コロナ禍において、苦しい思いをしている人の声をたくさん聞いてきました。

両親からの仕送りがストップし、学費を払えず退学しようかと悩んでる学生。
通所控えがおこり経営困難となった介護施設。
子供に一日2食しか作ってあげられないほど生活が苦しいと訴えるシングルマザー。

たくさんの悲痛の叫び、その声は政治に届いているのでしょうか。
本当に困難を抱え苦しんでいる人の姿が見えているでしょうか。
今、誰のための政治か?が問われています。

いちき伴子は、庶民の暮らしの大変さがわかるからこそ、
まじめにこつこつと働いている人、中小企業、農業の仕事を守りたい。
高齢者の不安を取り除き、学生が子供たちの未来を紡ぎたい。

「コロナ禍、すべての人に生活保障を!」
実現するため全力で働きます。

いちき伴子