理想の社会のために、「つながりを力に」

つながるとは、共有する・共感する・知る・感じると言い換えても良いと思います。

分断された個人は小さな一人でしかありませんが、つながることで「声に出せる強さ」「おかしいと思っていることを言う力」が生まれます。
「つながりを力に!」。

これが私の理想とする社会のために必要なことだと思います。

市来とも子 プロフィール

1977年8月2日生まれ。現在、本天沼3丁目在住。関西学院大学・大学院卒業。研究分野は中世ドイツ思想と東洋哲学。
2000年3月から1年かけてインド・チベットはじめ20か国を旅し、世界の貧困問題に関心をもつ。大学院卒業後、社民党衆議院議員の公設秘書をつとめる。その間、デザイン会社を起業、NGOなどで幅広く活動。
2011年、杉並区議に初当選。
趣味は旅、観劇、ティム・バートン監督の映画。犬・猫大好き。

What’s New